会社員がコンディションを維持するためにOura Ring買ってみた

こんばんは、源(@kinogen0018)です。

学生と社会人では大きく異なるものが2つある。時間の余裕とお金の余裕だ。

決してお金に余裕ができた訳ではないのだが、Oura Ringという少し値の張る指輪型フィットネストラッカーを買ってみたのでレビューしておきたい。

スポンサーリンク

なぜOura Ringが必要なのか?

時間の余裕とお金の余裕。

社会人になると前者は大きく減りまた後者は大きく増えるのが一般的であるが、この学生と社会人のギャップは残業が多くなるとさらに大きくなる。

2020年夏、我ながらよく働いた。

就活生時代、日本トップクラスの年収を誇る某センサーメーカーのインターンで「我が社では『Work hard,Play hard』な働き方ができます」と説明を受け目を輝かせてたこともあった。

この夏、やっと判ったがWork hardにも限界はある
凡人が仕事とプライベートのどちらにも常にフルパワーで取り組むことはできない。

ただ、社会人2年目にして自分の労働力の限界点を知ることができたのは大いなる収穫だ。

自分の限界点ともう一つ、短期間ではあるが激務生活から得た教訓がある。

会社員がコンディションを管理する上で恐れるべきは睡眠不足とストレスの2つ、ということだ。
どちらかが欠ければ雇い主に十分な労働力を提供することはできない。

言わずもがな、労働時間が長くなればなるほど可処分時間は少なくなる。
普段の生活から可処分時間が減少した分、睡眠時間を削るか、それともストレス解消のための余暇時間を削る必要がある。

この少なくなった可処分時間を睡眠に充てるか、それともストレス解消に充てるかの判断は大変重要だ
一歩間違えばサラリーマン人生に大きな損失を生む。

睡眠不足であれば言わずもがなランチ後の資料作成は地獄と化すし、長時間の会議での睡魔はサラリーマン全員の敵である

一方ストレスが蓄積されれば胃に穴が空き、頭は禿げ上がる。体だけでなく心の病に冒されてしまえばサラリーマンを続けることさえ難しくなってしまうだろう。

働くために十分な睡眠時間やストレス耐性は人によって様々であるが、ガラスのハートを持ち合わせたロングスリーパーという恵まれない境遇に生まれてしまう人間もいる。

俺である。

そんな俺が激務期間を耐え抜くには、日中のパフォーマンスを落とさないレベルに睡眠をとり、残った余暇時間をストレス解消に全ツッパするという高度なバランス感覚が必要となる。

ではパフォーマンスを落とさない程度の睡眠とは、どの程度の睡眠なのか?

ここで睡眠時間と余暇時間の配分をシビアに行うべく、睡眠をはじめ健康状態を可視化してくれる指輪・Oura Ringの購入に至るのである。

Oura Ringはどんなことができるのか?

そもそもOura Ringとは何なのか?

答えは「睡眠を中心に運動量や体温などの健康状態を計測・可視化してくれる指輪型フィットネストラッカー」である。

Oura Ring: Accurate Health Information Accessible to Everyone
Oura Ring: the most accurate sleep and activity tracker is all about you: it measures the physiological signals of your body, understands your lifestyle, and gu…

指にはめて一日を過ごすだけで体の状態(Readiness)・睡眠(Sleep)・運動(Activity)を測定してくれる。

Oura Ringで測定した情報が表示されているアプリ画面(左から体の状態・睡眠・運動の情報)

測定した情報はスマホとBluetooth接続を行い、アプリ上で確認することができる。
アプリは英語だが、そこまで難しくないので大体理解できるだろう。

ただこの健康状態が測れるただの指輪を手に入れるには3.5万円という衝撃のプライスを支払う必要がある。(本体$299+送料・関税etc)

3.5万円である、社会人2年目の買い物としては間違いなく高価な部類だ。なにせ鳥貴族なら長芋鉄板焼が100皿以上食える。

通常時の俺ならば絶対に購入しなかったであろう。
怖気づいていた俺にポチる勇気を与えてくれたのは皮肉にも激増した残業代であった。

50日間Oura Ring使ってみた

Oura Ringを輸入してみた

日本在住の我々は「Amazonで買う」or「公式サイトで買う」のほぼ2択である。

おすすめは公式サイトからの購入だ。

英語に不安のある方はAmazonで購入するのも良いが、公式サイトより1万円以上高い価格設定となっている。

公式サイトからの購入時は好きなデザイン・色を選び、住所や決済方法を入力していくだけである。

留意する点としてはサイズ選択だ。

サイジングキットで計測後サイズ選択orサイズを指定して注文の2つがあるが、サイジングキットでの計測を強くおすすめする。
日本人にあまり馴染みのないUSサイズである上、指に接する部分に突起状のセンサーが埋め込まれているため、普通の指輪と装着感が異なるためである。

サイジングキットでの計測をおすすめしたい

どうやらフィンランドの企業が製造しているらしく、注文後日本に届くまで多少時間がかかるのでしばらく待とう。

Oura Ringのサイズを選んでみた

「サイジングキットで計測する」を選択し注文すると1週間もしないうちにリングゲージが送られてくる。

Oura Ring専用のリングゲージ

なんと素敵な箱だろうか。

中に入っているのはただのプラスチックのリングなのだが、とにかくイケてる化粧箱に入って届けられる。

公式は人差し指・中指・薬指への装着を推奨しているので、とりあえず左中指・右人差し指・右中指に装着できるサイズで注文してみた。

Oura Ringを開封してみた

サイズを選んでフォームに入力してからまた1週間もしないうちに本体が届く。

Oura Ring本体の化粧箱

なんと素敵な箱だろうか。Oura Ringは箱からすごい。素敵な購入体験は箱から生まれるのかもしれない。

それほどに外箱から受ける印象は我々の感性に大きな影響を及ぼす。

学生時代、泣く子も黙る4Lペットボトル入り焼酎「大五郎」の箱で実家に不用品を送りつけたらクロネコヤマトのお届け完了メールと同時に母親から電話が掛かってきた。

お母さん、社会人になってもまだアル中にはなってないよ。

話を戻そう

素敵な外箱を開けると台座型の充電器に待ちに待ったOura Ringが居座っている。

非接触充電が可能な台座型充電器にはめられた状態で梱包されている

美しい。

Oura Ringと化粧箱

本体の外側はシルバーに、内側は基盤の上に樹脂が塗られているような外観である。
もちろん装着すると内側の基盤部分は見えないので、一見すると普通の指輪と見分けがつかない。

開封後はスマホでアプリを起動し、ペアリングや初期設定を行えば計測の準備は完了である。

あとはいつものように起きて仕事をして飯を食って仕事をして仕事をして飯を食って寝るだけだ

Oura Ringを使ってみた

高精度の睡眠計測

Oura Ringのウリのひとつは睡眠測定の精度らしい。

From EBE analysis, ŌURA ring had a 96% sensitivity to detect sleep

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6095823/

Oura Ringはアメリカの大学の研究によると睡眠時間を96%の精度で検出してくれるとのこと。精度の点で言えば、Oura Ringの前ではスマホアプリでの計測などゴミ以下である。

「下町ロケット」と「ホームセンターの木材無料カットサービス」ぐらい精度に差がある。

96%といえば、世界で一番度数の高いお酒・スピリタスの度数も96%である。
俺も何を言っているかわからないが、とにかく素晴らしい精度であることに間違いはない。

使えばわかる、驚異的な精度である。お昼寝はもちろん居眠りや寝落ちまであらゆる睡眠を正確に記録してくれる。

充電は週1回だけでOK

日々の運用が簡単なのも大きなウリだ。

Apple Watchなどのスマートウォッチが1~2日に1回の充電が必要なのに対し、Oura Ringでは1週間に1度の充電で良い。

Apple Watchをデートで毎回夜景の綺麗なレストランに連れて行かざるを得ないお高く止まった女子に例えるとすれば、毎回鳥貴族に連れて行き金麦の大ジョッキで乾杯しても怒らない女子、それがOura Ringなのである。

常時装着していても気にならない

正直スマートウォッチは邪魔だ。どうしても蒸れ・締めつけ感が発生してしまう。
こんな装置を装着して寝る奴はきっと繊細さとは対極に位置する奴に違いない。

コンディションを整えるために睡眠を計測しているのに、計測のために睡眠の質を低下させるなど本末転倒の最もたるものである。

対してOura Ringは指輪型である故、スマートウォッチと比べ圧倒的に邪魔にならない。
装着していることを忘れる程に、良い意味で存在感の無いプロダクトなのである。

話は逸れるが、大学時代友人宅に3人程度で押しかけ一週間以上連泊していたら家主にブチ切れられたことがある。

スマートウォッチのように家主がウザったく思う存在ではなく、Oura Ringのように家主の邪魔にならないような友人でありたいものだ

楽しかったのでまたやりたい。

Oura Ringは価値あるアイテムなのか?

睡眠について、再確認できたことがある。

飲酒は睡眠を害するということだ。酒を飲んだ日は著しく睡眠スコアが下がる。

「やはりアルコールは毒である」…
やはりアルコールは毒である」…

そう、アルコールが睡眠を害することぐらい最初から知っているのである。

他にも「最低6時間寝ないと頭が回らない」「8時間ぐらい寝ればスッキリ目覚められる」程度であればOura Ringがなくてもわかる。

この程度なら飲酒の有無と睡眠時間の組み合わせでABテストをすればいい。

Oura Ringという睡眠が可視化できる指輪、これを買うべきサラリーマンは「ギリギリまで睡眠時間と余暇時間のトレードオフをシビアなまでに追求したい」という意欲のある者に限られる。

もしかすると俺が諦めた「Work hard,Play hard」、そんな働き方を目指すサラリーマンが持ってこそ真価を発揮するアイテムなのかもしれない。


12/15追記

そういえばOuraから先着3名まで使用可能な$50OFFキャンペーンリンクが届いていたので貼っておきます。よろしければどうぞ。

https://ouraring.com/discount/5b61b2968a

タイトルとURLをコピーしました